• 本

日・韓・台このままでは中国に呑み込まれる! 「反日種族主義」後の近未来 上

出版社名 李白社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-19-865049-0
4-19-865049-7
税込価格 1,100円
頁数・縦 190P 19cm

商品内容

目次

第1章 独善的な領土観と歴史観(沖縄も朝鮮半島も自国の領土という中国
対馬は韓国の領土だと主張する理由 ほか)
第2章 中国も韓国も近代国民国家ではない(天下が支配する中国と国家主体の韓国
今でも宗主国意識をもっている中国人 ほか)
第3章 韓国の反日民族主義と中国の反日政策(中国はなぜ反日政策を取るようになったのか
韓国は反日を国是として建国を果たした ほか)
第4章 コリアイズムと中華主義に未来はない(中華思想と韓国の小中華思想
七七億対一三・九億の未来像 ほか)

おすすめコメント

日本人は優しくお人好しすぎる。もっと現実を直視せよ。

著者紹介

呉 善花 (オ ソンファ)  
1956年韓国生まれ。大東文化大学(英語学)卒業後、東京外国語大学地域研究科修士課程(北米地域研究)修了。拓殖大学国際開発学部教授。韓国時代に4年間の軍隊経験有り。東京外大大学院時代に発表した韓国人ホステスに関する『スカートの風』が大ベストセラーに。他に『攘夷の韓国 開国の日本』(山本七平賞受賞)などの著書がある
石 平 (セキ ヘイ)  
1962年中国四川省成都生まれ。84年北京大学哲学部卒業。95年神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。拓殖大学客員教授。北京大学在学中に毛沢東洗脳教育から目覚め、その後中国民主化運動に没頭。89年の天安門事件をきっかけに祖国中国と「精神的に決別」。2002年「在日中国人」として評論活動に入り、2007年に日本に帰化。著書に『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(山本七平賞受賞)などがある
黄 文雄 (コウ ブンユウ)  
1938年台湾高雄州岡山郡(現在の高雄県岡山鎮)に生まれる。64年留学のために来日。早稲田大学商学部卒業後、明治大学大学院政治経済研究科修士修了。拓殖大学日本文化研究所客員教授。元台湾独立建国連盟日本本部委員長。『中国の没落』がベストセラーとなり評論家へ転身。以後、日本を中心に活動し、94年には台湾ペンクラブ賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)