• 本

教皇たちのローマ ルネサンスとバロックの美術と社会

出版社名 平凡社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-582-65210-9
4-582-65210-7
税込価格 3,080円
頁数・縦 366P 20cm

商品内容

要旨

ユリウス二世とレオ十世、そしてパウルス五世とウルバヌス八世の時代、ミケランジェロとラファエッロ、そしてカラヴァッジョとベルニーニの時代、つまりはルネサンスとバロックの黄金時代のローマ!

目次

序 破壊と再生、三つの黄金時代
第1章 失われた中世
第2章 ルネサンス教皇
第3章 サッコ・ディ・ローマ
第4章 一つの身体に二つの魂
第5章 テアトロ・デル・モンド
第6章 見えなくなったバロック
結び 美術のパトロンとしての教皇

おすすめコメント

現在のローマの中核は1527年のローマ掠奪(サッコ・デイ・ローマ)による大破壊の後に行われたバロックの都市建設によって形成された。ルネサンス教皇の実態からその過程をつぶさに描く力作。

著者紹介

石鍋 真澄 (イシナベ マスミ)  
1949年生。東北大学大学院文学研究科修士課程修了。フィレンツェ大学留学を経て、成城大学教授。文学博士。著書に『聖母の都市シエナ』(吉川弘文館、1988、第12回マルコ・ポーロ賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)