• 本

ミッシングワーカーの衝撃 働くことを諦めた100万人の中高年

NHK出版新書 617

出版社名 NHK出版
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-14-088617-5
4-14-088617-X
税込価格 880円
頁数・縦 214P 18cm

商品内容

要旨

労働問題を取材する中で、著者たちに見えてきたのは、雇用統計にすら反映されず、労働市場から“消えた”状態となっている中高年たちの存在だった。その数、100万人超。働き盛りのはずの40代・50代に、いま何が起きているのか?日本経済にまで負のインパクトをもたらす、労働市場の「落とし穴」とは?誰もが陥りかねない「消えた労働者」の実態と、その問題の背景、そして解決の糸口に、密着取材で多角的に迫る!

目次

第1章 「ミッシングワーカー」とは何か(落ちこぼれる中高年たち
正社員から非正規へ ほか)
第2章 労働者はいかに社会から「消える」か(「ミッシングワーカー」から抜け出せない人
親の遺産で食いつなぐ日々、預金が底をつく恐怖 ほか)
第3章 脱落するリスクは誰にでもある(アメリカ経済の「謎」から浮かび上がった存在
日本版「ミッシングワーカー」とは ほか)
第4章 専門家の視点から構造要因に迫る(「ミッシングワーカー」を生み出す社会とは
待っているのは生活保護高齢者の急増 ほか)
第5章 「ミッシングワーカー」を脱するために(角谷晃男さんとの出会い
ゴミ屋敷とセルフ・ネグレクト ほか)

おすすめコメント

雇用統計にすら反映されず、労働市場から“消えた”状態となっている中高年たちが急増している。その数、100万人超。働き盛りのはずの40代・50代に、いま何が起きているのか? 日本経済にまで負のインパクトをもたらす、労働市場の「落とし穴」とは? その実態や問題の背景、解決の糸口に迫る!