• 本

韓国現地からの報告 セウォル号事件から文在寅政権まで

ちくま新書 1483

出版社名 筑摩書房
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-480-07302-0
4-480-07302-7
税込価格 968円
頁数・縦 286P 18cm

商品内容

要旨

セウォル号事件、朴槿恵退陣を求める巨大デモ、悪化する日韓関係、文在寅政権下の分断…そのとき、韓国では何が起こっていたのか?人びとは何を思い、考えていたのか?二〇一四〜二〇年はじめまでに起こった出来事のほか、過度の競争を強いる教育制度、軍隊生活や不動産階級社会の実際、日韓をつなぐ人や物など、さまざまな物事を現地から報告する。メディアにはあらわれない韓国の人々の本音、日々のつぶやきを聞き取り、思考するための一冊。

目次

第1章 不信―セウォル号事件2014〜15(船長や船員は何故さっさと逃げたのか
「まさに韓国的」なのか、「日本も同じ」なのか ほか)
第2章 政変―政治参加する人びと2016〜17(朴大統領への巨大な怒り、しかし謎は残る
朴疑惑、メディアは前から知っていた? ほか)
第3章 歓喜から混乱へ―文政権のジレンマ2018〜20(前政権を清算する新政権―「日韓慰安婦合意」の誠実な履行のために
なんと検察から!韓国の#Me Too―緊張する政界財界マスコミ業界 ほか)
第4章 韓国の教育現場から―日韓どちらが生きづらい?(韓国の学校で学ぶ、日本人の子供たち
教科書の中の「慰安婦問題」 ほか)
第5章 旅、友だち、それぞれの日韓(松山ではヘイトスピーチがありますか?―ある「親日派」の息子
韓流観光の教訓―「寒流」とキーセン観光 ほか)

著者紹介

伊東 順子 (イトウ ジュンコ)  
編集・翻訳業。愛知県生まれ。1990年に訪韓。翻訳・編集プロダクション運営。2017年に「韓国を語らい・味わい・楽しむ雑誌『中くらいの友だち―韓くに手帖』」(皓星社)を創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)