• 本

古代史講義 宮都篇

ちくま新書 1480

出版社名 筑摩書房
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-480-07300-6
4-480-07300-0
税込価格 1,012円
頁数・縦 301P 18cm
シリーズ名 古代史講義

商品内容

要旨

古代の代表的宮都を、飛鳥の宮々・難波宮・大津宮から藤原京・平城京・恭仁京・紫香楽宮・平安京、さらには大宰府、平泉に至るまで十五講にわたって紹介。最新の調査成果と、深まりゆく研究を紹介しつつ、宮都の実像を叙述するだけでなく、各時代の社会的背景となる古代都市のあり方をも明らかにする。一般読者に向けて先端研究を解説し、旧来の古代史イメージを刷新するシリーズ第三弾。

目次

飛鳥の宮々―大王宮から飛鳥宮へ
難波宮―改新政権の宮と天平の都
大津宮―滋賀の都の実像
藤原京―中国式都城の受容
平城宮―古代王宮の実像
平城京―奈良の都の特質
恭仁京―天平の新京造営
紫香楽宮―聖武天皇の夢の都
長岡京―新都造営の実像
平安宮―千年の都の形成
平安京―都市の発展と貴族邸宅の展開
白川・鳥羽―古代宮都の変貌
太宰府―対外交渉の拠点
多賀城―城柵国府と町並み
平泉―奥州藤原氏の首都

著者紹介

佐藤 信 (サトウ マコト)  
1952年生まれ。東京大学名誉教授、人間文化研究機構理事。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。博士(文学)。専門は日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)