• 本

光るサラダ サラダ上手になるための26のヒント

出版社名 文化学園文化出版局
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-579-21359-7
4-579-21359-9
税込価格 1,870円
頁数・縦 111P 26cm

商品内容

目次

野菜に塩をふればそれがもう、サラダなのです(まずは野菜がピンピンしていること。“養生”がものすごく大事です。
葉っぱのサラダを上手に作るにはまず養生&ドレッシングの塩梅 ほか)
春から初夏にかけてのサラダ(サラダ作りは“目ばかり、手ばかり、舌ばかり”で
季節が同じものどうしは合うのです ほか)
夏から秋にかけてのサラダ(皮をむくと、またひと味違うから。夏はきゅうりを七変化で食べつくす
旬のおいしいトマトは厚切りに限ります ほか)
秋から冬にかけてのサラダ(サラダは見た目です。目を愉しませることがいちばん大事
重ねる。並べる。ランダムに盛る。盛りかた次第で、サラダは光ります ほか)

おすすめコメント

“ちょっと塩をする”ことで、野菜がサラダになります。サラダはとっても自由なもの。大事なのは「どんなおいしさを目指すか」です。季節を味わうのか、目を喜ばせるのか、どんな料理に組み合わせるのか…。そんな有元流のサラダ作りのルールがわかるヒントとレシピ、美しい数々のサラダをお楽しみください。

著者紹介

有元 葉子 (アリモト ヨウコ)  
料理研究家。料理の基本を大切にしながら、自由な発想と抜群のセンスのよさで、おいしい美しくヘルシーな料理を提案、多くのファンを持つ。キッチン道具の人気シリーズ「ラバーゼ」のプロデュースを長年務めるなど、使う側からの視点で“もの作り”にも取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)