• 本

失礼な日本語

ポプラ新書 190

出版社名 ポプラ社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-591-16643-7
4-591-16643-0
税込価格 946円
頁数・縦 219P 18cm

商品内容

要旨

「失礼な日本語」とは、「作法に外れた日本語」。誤字や文法的に不適切な言葉、つながりのおかしい文章を知らず知らずのうちに使っていませんか。毎日新聞社の校閲センターで日々、誤字・脱字と格闘するベテラン校閲記者が教える文章マナー。文法、敬語、誤解されやすい言葉…など読みやすい日本語の知識が満載。

目次

第1章 「綸言汗のごとし」―首相の言葉チェック
第2章 敬語は難しいけれど―畏敬か敬遠か
第3章 固有名詞の怖さ―誤りはこうして防ごう
第4章 いわゆる差別表現―理解と配慮があれば
第5章 イラッとする使い方―仲間内だけで結構です
第6章 「たが」の外れた文章―書き言葉は丁寧に
第7章 失礼ワード20選―誤解必至です

おすすめコメント

首相官邸も間違える!「慎んで哀悼」? 校閲的視点で文章を考えて、読み返せば、つまらない誤字・脱字で後悔することはなくなる!

著者紹介

岩佐 義樹 (イワサ ヨシキ)  
毎日新聞社校閲センター前部長。1963年、広島県呉市生まれ。早稲田大学第1文学部卒業後、1987年、毎日新聞社に校閲記者として入社。用語委員会用語幹事などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)