• 本

万葉集原論

講談社学術文庫 2610

出版社名 講談社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-06-519089-0
4-06-519089-4
税込価格 1,672円
頁数・縦 462P 15cm

商品内容

要旨

現存する最古の歌集『万葉集』。七、八世紀の歌、四千五百首余が二十巻に収められ、額田王、柿本人麻呂などの著名な歌人から、天皇、貴族、防人、遊女に及ぶ作者と作品の豊かさは、世界的にみても異彩を放っている。この日本を代表する古代文学の本質とは何か。万葉学の第一人者であり幅広い活動で知られる著者の本領を示す名著!

目次

1 万葉集研究の方法(文学史の方法―その「歴史」について
文学研究の方法
万葉集研究の方法 ほか)
2 万葉集の構造(万葉集の構造
万葉集の生成
万葉集の原点 ほか)
3 万葉集の表現(万葉歌の形式
万葉歌の方法
古代的知覚―「見る」をめぐって ほか)

おすすめコメント

「おそらく、私は「万葉集原論」を生涯の課題としていくことだろう」。『万葉集』の本質に迫る、古代文学の第一人者の真骨頂!

著者紹介

中西 進 (ナカニシ ススム)  
1929年生まれ。東京大学大学院修了、文学博士。国際日本文化研究センター名誉教授。現在、高志の国文学館館長。専門は日本文学、比較文学。瑞宝重光章、文化勲章受章。主な著書に『万葉集の比較文学的研究』(読売文学賞・日本学士院賞)、『万葉と海彼』(和辻哲郎文化賞)、『源氏物語と白楽天』(大佛次郎賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)