• 本

「井上ひさし」を読む 人生を肯定するまなざし

集英社新書 1014

出版社名 集英社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-08-721114-6
4-08-721114-2
税込価格 1,078円
頁数・縦 334P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

大人気テレビ番組「ひょっこりひょうたん島」の脚本をはじめ、岸田國士戯曲賞を受賞した『道元の冒険』、直木賞受賞作となった『手鎖心中』、さらには日本SF大賞や読売文学賞に輝いたベストセラー小説『吉里吉里人』など、多彩な活躍を見せた作家・井上ひさし。本書は、井上に共鳴する人々が、生前の交流を明かしながら、その作品を論じる初の論考集。井上に刺激を受けながら創作活動を行ってきたと明かす作家・大江健三郎をはじめ、国内外から評価の高い劇作家・平田オリザなど、錚々たる創作者がそのメッセージを読み解く。

目次

第1章 言葉に託された歴史感覚(今村忠純、島村輝)
第2章 “夢三部作”から読みとく戦後の日本(大江健三郎)
第3章 自伝的作品とその時代(辻井喬)
第4章 評伝劇の可能性(永井愛)
第5章 「日本語」で書くということ(平田オリザ)
特別付録 座談会「二一世紀の多喜二さんへ」―『組曲虐殺』と『小林多喜二』、井上ひさし最後の座談会 井上ひさし ノーマ・フィールド

出版社・メーカーコメント

戦後日本社会の抱えてきた問題、実に大きい問題が、たとえば天皇の戦争責任が問いかけられている――大江健三郎 東日本大震災で私たち劇作家が何より痛感したのは、井上ひさしさんの不在なんです――平田オリザ 井上ひさしが生きていたら、その目には、この日本の状況がどう映っていただろう。――没後10年。いまこそ読み直したい、井上ひさしの文学。

著者紹介

小森 陽一 (コモリ ヨウイチ)  
1953年東京都生まれ。明治学院大学客員教授。東京大学名誉教授。専門は日本近代文学。著書多数
成田 龍一 (ナリタ リュウイチ)  
1951年大阪府生まれ。日本女子大学教授。専門は近現代日本史。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)