• 本

台湾一周!!途中下車、美味しい旅

双葉文庫 み−10−05

出版社名 双葉社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-575-71484-5
4-575-71484-4
税込価格 770円
頁数・縦 286P 15cm

商品内容

要旨

食の都・高雄からスタートして、台南〜台中〜新竹〜台北〜花蓮〜台東〜高雄と、台湾を鉄道でぐるっと一周。主要駅間の見知らぬ駅で途中下車して、ローカル食堂や市場、廟前の屋台で絶品料理&スイーツを味わい、地元の人々と触れ合う―。台湾グルメと途中下車の旅の魅力をたっぷり伝える紀行エッセイガイド。待望のシリーズ最新刊!

目次

始点 旅の始まりは高雄
1章 高雄・台南 日本から高雄へ直行。夜は食の都へ
2章 台南・新営・塩水・台中 見知らぬ町、美しい家族の食堂
3章 台中・豊原・三義・新竹 朝市と廟前と客家食堂
4章 新竹・竹東・内湾・台北 内湾線の旅から、北の都へ
5章 台北・礁渓・蘇澳新・蘇澳・花蓮 再びの夏。灰色の町に一筋の光
6章 花蓮・壽豊・鳳林・玉里・台東 東台湾で知る、途中下車の喜び
7章 台東・枋寮・潮州・屏東・高雄 台湾一周ゴール目前、光ある町と出合う
終点 台湾一周、鉄道の旅を回想して

おすすめコメント

食の都・高雄からスタートして、台南〜台中〜新竹〜台北〜花蓮〜台東〜高雄と、台湾を鉄道でぐるっと一周。主要駅間の見知らぬ駅で途中下車して、ローカル食堂や市場、廟前の屋台で絶品料理&スイーツを味わい、地元の人々と触れ合う――。台湾グルメと途中下車の旅の魅力をたっぷり伝える紀行エッセイガイド。待望のシリーズ最新刊!

著者紹介

光瀬 憲子 (ミツセ ノリコ)  
1972年、神奈川県横浜市生まれ。英中日翻訳家、通訳者、台湾取材コーディネーター。1990年代から台湾と関わり、留学や就職、結婚や子育ても経験(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)