• 本

はじめての語用論 基礎から応用まで

出版社名 研究社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-327-37823-3
4-327-37823-2
税込価格 2,750円
頁数・縦 280P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ことばはコンテクスト(文脈)を抜きにしては成立しえない。語用論は、ことばの背後に存在するコンテクストを手がかりに、話し手・書き手が聞き手・読み手に対して用いたことばの意味や働きを考察する。

目次

語用論とは何か
グライス語用論
情報語用論
対人語用論
指示語用論
言語行為論
関連性理論
認知言語学と語用論
文法研究と語用論
会話分析
メタ語用論
歴史語用論
対象語用論と文化対照
英語教育と応用語用論
日本語教育と応用語用論

おすすめコメント

★最近の研究動向を反映した、語用論の教科書語用論(pragmatics)とは、「コンテクスト」(文脈)をもとに、ことばの意味や働きを考える研究分野のこと。本書は語用論の入門テキストで、基礎から応用まで幅広く解説。最新の研究動向を数多く盛り込んでいるので、これから語用論を学び始める人に最適の1冊です。日本語と英語の例文をバランスよく配置しているので、日英両方の語用論を学べるのもポイント。

著者紹介

加藤 重広 (カトウ シゲヒロ)  
北海道大学教授。専門は言語学、日本語学、語用論など。『日本語修飾構造の語用論的研究』で新村出賞を受賞(2003年)。日本語用論学会会長(2016〜2019年度)
澤田 淳 (サワダ ジュン)  
青山学院大学准教授。専門は語用論、文法論。2014年度日本言語学会論文賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)