• 本

もしかして発達障害?子どものサインに気づく本 自閉スペクトラム症、ADHD、SLD……

育ちあう子育ての本

出版社名 主婦の友社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-07-441879-4
4-07-441879-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

少しでも早く、子どもたちを生きやすくしてあげるために。発達障害という言葉を、よく目にしたり耳にしたりするようになりました。「聞き分けのない子」「落ち着きのない子」「自分勝手な子」「育てにくい子」…は、もしかしたら脳の機能障害による発達障害の特性のために、さまざまな問題をかかえているのかもしれません。そんな子どもたちは、本人のせいではないのに、とても「生きづらい」思いをしていますが、少しでも早く周りが気づいてサポートすることで彼らはずっと「生きやすく」なります。この本では、彼らが発しているサインに気づくための情報をわかりやすく紹介します。その子の心を理解し、どうしたら楽に幸せに生きていけるのかを、ともに考えていきましょう。

目次

第1章 これだけは知っておきたい発達障害の基礎知識
第2章 2歳までに気づいてあげたい発達障害のサイン
第3章 3〜5歳までに気づいてあげたい発達障害のサイン
第4章 小学校入学前後に気づいてあげたい発達障害のサイン
第5章 こんなとき、どうする?子どもの気になる行動への対応方法
第6章 子どもの将来のためにすべきこと
第7章 特性のある子どもとともに暮らしていくために必要なこと

おすすめコメント

●「聞き分けのない子」「落ち着きのない子」「自分勝手な子」「育てにくい子」…… そんな子どもは、発達障害(神経発達症)を抱えているかもしれません。●発達障害には、人間関係で問題が起きることが多い「自閉スペクトラム症」(ASD)、 注意力に欠け落ち着きがない「注意欠如・多動症」(ADHD)、 学習面での困難を抱える「限局性学習症」(SLD)などがあります。●これらの発達障害は、その子が生まれ持った特性であると考えられています。 少しでも早くその特性(=持ち味)に気づくことで、サポートしやすくなり、本人も生きやすくなります。●それぞれの特性はどのようなものか、どんな点に注意すれば、発達障害のサインに気づくことができるのか、 発達障害の特性がわかったら誰に相談すればいいのか、 毎日の生活ではどうサポートしたらいいのか……実際に数多くの子どもたちを支援してきた塩川宏郷先生がわかりやすく丁寧に解説します。

著者紹介

塩川 宏郷 (シオカワ ヒロサト)  
実践女子大学生活科学部教授。1962年福島県西郷村生まれ。87年自治医科大学卒。福島県内のへき地医療に従事後、自治医科大学付属病院小児科、とちぎ子ども医療センター心の診療科、東ティモール大使館、東京少年鑑別所、筑波大学を経て2018年から現職。略歴は多動。専門領域:発達行動小児科学、小児精神医学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)