• 本

笑う執行人 女検事・秋月さやか

角川文庫 ひ14−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-04-109289-7
4-04-109289-2
税込価格 968円
頁数・縦 413P 15cm

商品内容

要旨

六本木のクラブのVIPルームで実業家が撲殺後、鼻を削がれていた。所轄刑事と組んだ本庁捜査一課の神代刑事は、白鳥奈津子監察医の協力を仰ぎ捜査を開始するが、事件は連続殺人事件へと発展する。一方、東京地検特捜部に配属された秋月さやかは、“無理筋”の案件に戸惑っていた。大物代議士の不正献金疑惑の立件が難しくなっていたのだ。2つの事件が結びつくとき、政界、実業界を超えた組織の腐敗が混然となって、秋月を襲う―。

おすすめコメント

六本木のクラブで青年実業家が撲殺された。著者渾身の社会派ミステリー『刑事たちの夏』で警察小説ブームの火付け役となった著者の女性検事が主人公の検察ミステリー。検察神話の崩壊、大物政治家の汚職事件、レイシスト問題など、現代社会が抱える闇に女性検事が立ち向かう。

著者紹介

久間 十義 (ヒサマ ジュウギ)  
1953年北海道生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業。87年豊田商事事件を扱った『マネーゲーム』で第24回文藝賞佳作。90年『世紀末鯨鯢記』で第3回三島由紀夫賞受賞。『刑事たちの夏』では警察小説ブームに火をつけ、警察小説の金字塔となる。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)