• 本

漢字文化の世界

角川ソフィア文庫 E115−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-04-400577-1
4-04-400577-X
税込価格 990円
頁数・縦 307P 15cm

商品内容

要旨

古代人は、風と同系の「鳳」に、皇や王と同系の「凰」を組み合わせることで、「鳳凰」という風神の鳥=鳥の王者のイメージをつくりあげた。漢字という緻密な文字体系を支えている、鋭い観察力と言語感覚。身近な一字一字の成り立ちのなかにこそ、伝説や神話、農耕や牧畜に根ざした中国的世界観がみえてくる。漢和字典編纂の大家が中国文明史を概括することをめざし、生活や社会、政治、思想をもアジア的な視座でみつめた古典的名著。

目次

1 伝説と歴史(歴史に先立つ太古の中国
太古の黄河流域 ほか)
2 文字と民族(漢字の生いたち
竜神の守り―越の国 ほか)
3 風土と生活(数の起源
農耕の歩み ほか)
4 社会と思想(陰と陽―周易の論理
老子の嘆き ほか)

おすすめコメント

身近な文字に、古代中国の叡智をよみとく日本文化の源流をなす漢字文化。文字の成り立ちを解き明かすことで、古代中国の人々のものの見方、価値観、神話的な世界観を引き出すことができる。悠久の歴史をもつ大国の深淵に迫る文化論。

著者紹介

藤堂 明保 (トウドウ アキヤス)  
1915年、三重県生まれ。中国語学者、中国文学者。東京帝国大学卒業後、外務省の研究員として中国に留学。戦後は第一高等学校教授を経て、64年に東京大学教授に就任。70年、東大闘争で大学による学生の処分に抗議して退職し、早稲田大学客員教授、日中学院院長などを務めた。85年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)