• 本

地図で見る中東ハンドブック

出版社名 原書房
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-562-05698-9
4-562-05698-3
税込価格 3,080円
頁数・縦 173P 21cm

商品内容

要旨

今の中東が一目瞭然でわかるアトラス!120以上の地図とグラフで、トルコからイエメンまでおよぶ中東地域で起こっている、さまざまな暴力の原因が明らかにされる。

目次

はじめに 暴力の根底にあるもの
歴史を受け継いだ者と受け継げなかった者(第1次世界大戦前夜のオスマン帝国
1915‐1923年、ジェノサイド、民族浄化、住民交換
諸民族の願望と帝国主義のロジック ほか)
イデオロギーと政治の漂流状態(共和制と君主制―独裁のふたつ
金権政治による経済的暴力
対照的な革命的騒乱 ほか)
戦争の構図(国家間の戦争から非対称戦争へ
軍事用原子力―もうひとつの非対称
国連の無力、アメリカの遍在 ほか)
おわりに 無益な1世紀だったのか?

おすすめコメント

シリア、イエメン、イラク、イスラエルなどで生じている、中東の紛争で危険にさらされているのは、国家、人々、市民社会の運命であり、ときには、ばらばらに引き裂かれることもある。地域の安定を取りもどしたいと願うなら、暴力の原因を理解しなければならない。

著者紹介

ブラン,ピエール (ブラン,ピエール)   Blanc,Pierre
ボルドー政治学院とボルドー国立農業技術大学校の地政学教育研究員。「コンフリュアンス・メディテラネ(Confluences M´editerran´ee)」誌の編集長でもある
シャニョロー,ジャン=ポール (シャニョロー,ジャンポール)   Chagnollaud,Jean‐Paul
複数の大学の名誉教授で、現在は非営利の公益団体「地中海・中東研究所」(iReMMO)の所長をつとめている
太田 佐絵子 (オオタ サエコ)  
早稲田大学第一文学部フランス文学科卒
ルヴァスール,クレール (ルヴァスール,クレール)   Levasseur,Claire
フリーのカルトグラファー。オトルマン社の著作に定期的に協力している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)