• 本

感謝離 ずっと一緒に

出版社名 双葉社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-575-31535-6
4-575-31535-4
税込価格 1,430円
頁数・縦 212P 19cm

商品内容

要旨

愛する人の遺品との別れ方を描く感動の物語。

目次

第1章 赤い糸に導かれて
第2章 愛妻・和子との出会い
第3章 モーレツ銀行員時代と妻の奮戦
第4章 定年後の暮らし
第5章 愛妻をおくる
第6章 感謝離、そして代謝離

おすすめコメント

亡くなった妻の衣服に「ありがとう」と頭を下げ、手放していった――朝日新聞への投稿【『感謝離』ずっと夫婦】で大反響を呼んだ河崎啓一さん、90歳。最愛の妻和子さんを失い、遺品を整理したときの心境を綴り、その瑞々しい感性と前向きな終活ぶりに共感の輪が広がっている。「パートナーに先立たれ、心の時計が止まってしまった」「遺品を前に立ちすくんで一歩も進めない」……そんなあなたのつらい背中を、河崎さんがそっと押します。夫婦愛と明るい終活のヒントに溢れた感動の実話。

著者紹介

河崎 啓一 (カワサキ ケイイチ)  
1929年、札幌生まれ。銀行員だった父の転勤で下関、久留米、京都で育つ。大分経済専門学校(現・大分大学経済学部)を卒業後、父と同じく第一銀行(現・みずほ銀行)へ。久留米支店で運命の女性・和子と出会い、結婚。一男一女をもうけ、62年間を添い遂げる。2019年5月、亡き愛妻の遺品を手放す心境を瑞々しく綴った朝日新聞「男のひといき」欄の投稿が注目され、ツイッター等で拡散(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)