• 本

保険金請求権の現代的課題 第三者のためにする生命保険契約における固有権性

神奈川大学法学研究所研究叢書 33

出版社名 保険毎日新聞社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-89293-427-8
4-89293-427-5
税込価格 4,400円
頁数・縦 214P 22cm

商品内容

要旨

「第三者のためにする生命保険契約」について、保険契約者・保険者・保険金受取人の関係性や権利の性質・法的構造を、保険法と民法との比較を交えて解明。判例や諸外国の法制度も研究対象に加え、錯綜する保険金請求権の固有権性と機能を多角的に検証!!

目次

第1章 我が国の対価関係をめぐる議論
第2章 第三者のためにする生命保険契約における保険金請求権の帰属
第3章 「第三者のためにする契約」導入経緯と対価関係について
第4章 判例からみた保険金請求権とその機能
第5章 保険金受取人の地位をめぐる諸外国の法制度の考察
第6章 生命保険金請求権の固有権性について―イタリア法との比較
第7章 ドイツ法における第三者のためにする生命保険契約の固有権について

著者紹介

長谷川 仁彦 (ハセガワ ヨシヒコ)  
神奈川大学法学研究所客員研究員
清水 耕一 (シミズ コウイチ)  
神奈川大学法学部教授
横田 尚昌 (ヨコタ ナオマサ)  
東北学院大学法学部教授
河森 計二 (カワモリ ケイジ)  
小樽商科大学商学部教授
桜沢 隆哉 (サクラザワ タカヤ)  
京都女子大学法学部准教授
金尾 悠香 (カナオ ユカ)  
武蔵野大学法学部准教授
常井 涼子 (トコイ リョウコ)  
神奈川大学清水ゼミ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)