• 本

五月の読書

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-00-022971-5
4-00-022971-0
税込価格 2,970円
頁数・縦 262P 20cm

商品内容

要旨

爽やかな五月、屋外でも気持ちよく読書ができる季節。理屈っぽい本でなく、古書目録を眺めていると、そこで紹介されている本に、亡き父の蔵書を見つけた―読書の豊かな楽しみ、同時代の文人の肖像を描くなどした、高橋英夫氏の単行本未収録エッセイ集。

目次

1 本の周辺(私と全集
『創元』のこと ほか)
2 芸術と親しむ日々(クレーの月
マラルメの遺品 ほか)
3 文人の交流(ことばと批評のドラマ―大岡信
「空は鏡」青層々―清岡卓行 ほか)
4 私という存在(筆の遊び
わが桃源郷 ほか)

出版社・メーカーコメント

昨年惜しまれつつ天寿を全うした、戦後を代表する文芸評論家の一人、高橋英夫氏。本や雑誌、レコードに囲まれた静謐な生き方、特に作家や評論家、編集者との交流は、まさに「文人」としてのものだった。生前に本にまとめられることのなかった新聞・雑誌に残された多くのエッセイから、その人となりを偲ぶ。解説、堀江敏幸氏。

著者紹介

高橋 英夫 (タカハシ ヒデオ)  
1930年生まれ。2019年、88歳で逝去。東京大学文学部独文科卒業、文芸評論家。1985年『偉大なる暗闇』で平林たい子賞、2010年『母なるもの―近代文学と音楽の場所』で伊藤整文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)