• 本

戦後「社会科学」の思想 丸山眞男から新保守主義まで

NHKブックス 1261

出版社名 NHK出版
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-14-091261-4
4-14-091261-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 302P 19cm

商品内容

要旨

戦後史の死角を衝く。「近代化」「大衆と市民」「ニューレフト」「新保守主義」をキーワードに解明する現代社会の特質。

目次

1部 「戦後」からの出発(「戦後」の意味と現代性
丸山眞男とその時代
日本のマルクス主義の特徴と市民社会論
ヨーロッパの「戦後」
鶴見俊輔と「転向」研究)
2部 大衆社会の到来(大衆社会論の特徴とその「二つの顔」
大衆社会論期のいくつかの政治的概念について)
3部 ニューレフトの時代(奇妙な「革命」
知の刷新)
4部 新保守主義的・新自由主義的転回(新保守主義の諸相
新自由主義と統治性の問題)

おすすめコメント

戦後75年を経て日本の社会には一種の停滞感と閉塞感が漂い、いまある社会の形が唯一であるかのような運命的な見方が拡がっている。一方で戦後継承されてきた価値や制度は、時代に合わないとして別のものに取り替えられつつある。本書はこうした見方の浅薄さを指摘し、戦後を4 期に区切って思想史として描きなおす。時代を正確に理解し未来を切りひらくための、格好の「社会科学」入門書。

著者紹介

森 政稔 (モリ マサトシ)  
1959年三重県生まれ。東京大学法学部卒業、同大学院法学政治学研究科博士課程中退。筑波大学社会科学系講師などを経て東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授。専攻は政治・社会思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)