• 本

空の技術 設計・生産・戦場の最前線に立つ 新装版

光人社NF文庫 わ1164

出版社名 潮書房光人新社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-7698-3164-8
4-7698-3164-1
税込価格 880円
頁数・縦 239P 16cm
シリーズ名 空の技術

商品内容

要旨

設計・生産・整備の充実と発展がなければ航空兵力は成り立たない。大戦中、日本の航空戦を陰で支えていた、知られざる努力と奮闘のシステムを綴る感動作。現代戦の舞台裏で地道な作業に勤しんだ人々の記録。夜戦ヘルキャットや日本の対潜哨戒機などテクノロジーを駆使した航空戦の陰の戦いを描く三篇も収載する。

目次

チーフデザイナーとの接点―航空機設計者たちの素顔に触れて
三型に携わって―一式戦闘機「隼」の末期の生産、実戦と改造
半田の青春ありき―中島飛行機、海軍御用達の製作所で働く
生産を戦力に結ぶ者―テストパイロットのプロ魂ここにあり
軍偵と排気管―最前線整備兵たちの知られざる努力
再生零戦今昔物語―ニュージーランドへ運ばれた二二型
ドロナワ式対潜作戦始末―海面下の脅威と闘う飛行機
各国偵察機、実力くらべ―日本、ドイツ、イギリス、アメリカの考え方の違い
夜の「ヘルキャット」―単座戦闘機とレーダーの恐るべき組み合わせ

おすすめコメント

設計技術者、製造従業員、テストパイロット、整備兵…敵に優る性能を生み出し、敵に優る数を作る! そして機体の整備点検に万全を期す! 空戦を支えた人々の知られざる戦い。

著者紹介

渡辺 洋二 (ワタナベ ヨウジ)  
昭和25年(1950年)、名古屋に生まれる。立教大学文学部卒業後、航空雑誌の編集勤務。53年、第2次大戦の軍航空に関する執筆に専念。平成22年(2010年)、職業としての軍航空の著術を終了。以後、余暇を航空史研究にあてる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)