• 本

一華後宮料理帖 第11品

角川ビーンズ文庫 BB73−37

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-04-109256-9
4-04-109256-6
税込価格 726円
頁数・縦 261P 15cm
シリーズ名 一華後宮料理帖

商品内容

要旨

龍家と鳳家―崑国を二分する戦は激しさを増していく。そのとき、追い込まれた〓飛の前に現れたのは、飛び去ったはずの五龍だった!天意に導かれるかのごとく終息する戦い。最後に残すは、反乱の首謀者である鳳朱西の処刑のみ。時を同じくして理美は知る。戦いの裏に、彼の優しい“野心”があったことを。「あなたに会えて良かった」居場所を知らなかった和国の少女は、唯一の華―“一華”となる。シリーズ堂々完結!

おすすめコメント

和国の少女は唯一の華――“一華”となる。大人気シリーズ、ついに完結!!夜明けと共に、宮城から打って出たショウ飛たち。しかし朱西の策略に追い込まれ、戦場は混乱を来す。動揺の最中、理美はついに五龍の天意を知る!! そして明かされる真実とは……!? シリーズ堂々完結!

著者紹介

三川 みり (ミカワ ミリ)  
第7回角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞受賞。『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)