• 本

組長の妻、はじめます。 女ギャング亜弓姐さんの超ワル人生懺悔録

新潮文庫 ひ−41−2

出版社名 新潮社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-10-120617-2
4-10-120617-1
税込価格 649円
頁数・縦 279P 16cm

商品内容

要旨

裏社会でこの女を知らん奴はモグリやな―数十人の荒くれ男たちを従え、警察を屁とも思わず悪事を重ねた関西アウトロー業界“伝説の女”。細身のコートにスリムなパンツ、黒の指なしグローブをはめて、高級自動車を盗み出す。繰り返されるカーチェイス、覚せい剤、受刑者生活…。彼女を悪の道から救い出した男は、元ヤクザだった―。犯罪史上稀なる女首領に暴力団研究の第一人者が迫る。

目次

ヤクザの家に生まれて
生活の中心にはシャブがあった
初めての逮捕と初めての結婚
自動車窃盗のABC
ギャングの女首領になる
大学(刑務所)に入学
懲りない女と笑ってください
隣人は林真須美
病は治るが癖は治らぬ
出所後の暮らし
組長との再会
これからも一緒に居てくれるか
そして組長の妻となる

著者紹介

廣末 登 (ヒロスエ ノボル)  
1970(昭和45)年福岡市生れ。北九州市立大学社会システム研究科博士後期課程修了。博士(学術)。専門は犯罪社会学。国会議員政策担当秘書を経て、福岡県更生保護就労支援事業所長、公益財団法人清心内海塾主席研究員、龍谷大学犯罪学研究センター嘱託研究員などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)