• 本

「カエルの楽園」が地獄と化す日

文庫版

出版社名 飛鳥新社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-86410-749-5
4-86410-749-1
税込価格 770円
頁数・縦 303P 15cm
シリーズ名 「カエルの楽園」が地獄と化す日

商品内容

要旨

中国を恐れ、新型肺炎の対処を誤っても習近平国賓招待に突き進む安倍政権。米中貿易戦争で対日戦術を軟化させた習近平の工作は大成功した。独裁中国と一蓮托生の日本に未来はない。引き返す最後の機会を逃すな!全身全霊をかけた警鐘対談。

目次

第1章 なぜ、安倍政権は中国に何も言えなくなったのか
第2章 戦わずして尖閣を奪われるシナリオ
第3章 中国はなぜ日本侵略を企むのか
第4章 チベット、ウイグルで見た恐ろしい支配の実態
第5章 沖縄「独立」を足がかりにした侵略
第6章 日本が中国に占領されるとき

おすすめコメント

原著刊行後わずか3年で中国の工作に完敗した安倍政権。自民党も陥落!IR贈賄は氷山の一角。政府与党は中国に呑みこまれたカエルだ。中国の顔色をうかがい、新型肺炎の対策も遅れた。貿易戦争に苦しむ中国を助け、すべてを差し出す安倍首相の罪を解説!

著者紹介

百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  
1956年、大阪府生まれ。同志社大学中退。人気番組「探偵!ナイトスクープ」のメイン構成作家となる。2006年、『永遠の0』(講談社文庫)で小説家としてデビュー。2013年、『海賊と呼ばれた男』(講談社)で第10回本屋大賞受賞
石 平 (セキ ヘイ)  
1962年中国生まれ。北京大学卒業後、88年留学のために来日。神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了後、民間研究機関に勤務。2007年、日本に帰化。2014年、『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)