• 本

「新型コロナ恐慌」後の世界

出版社名 徳間書店
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-19-865011-7
4-19-865011-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

要旨

新型コロナウイルス感染拡大で、世界の中国切り離しが加速、新たな国際秩序が誕生する!そのとき、習近平の中国はどうなる?日本とアジアの行方は?米中貿易戦争の結末は?気鋭の経済評論家が見通した世界の様相を解説する。

目次

プロローグ 「新型コロナ」恐慌で始まる負の連鎖
第1章 「武漢ウイルス」で中国はどこまで崩壊するか(グローバリズムにとどめを刺したブレグジットと新型コロナ
そして中国から外国人がいなくなった ほか)
第2章 アメリカは弱り目の中国を、こうして潰す(アメリカと中国の「第1弾合意」の本当の意味
「第2弾合意」は実現可能か ほか)
第3章 危機を乗り越え日本は繁栄する(新型コロナが日本に与える悪影響
中国を損切りできなかった日本政府の失態 ほか)
第4章 グローバリズムの終焉で逆転する世界(冷戦終結からグローバル化が加速した世界経済
グローバル化のなかで中国に吸い取られた日本企業 ほか)
第5章 「新型コロナ」後の世界(遅すぎたWHOの初動対応
日本の親中派には大きなダメージ ほか)

おすすめコメント

消費税10%の影響は? 五輪後の日本経済は? 日中雪解け、日韓対立、トランプ再選で、今後の日本に起こることを完全解説!

著者紹介

渡邉 哲也 (ワタナベ テツヤ)  
作家・経済評論家。1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となる。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)