• 本

最高のおにぎりの作り方

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-04-400560-3
4-04-400560-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 191P 21cm

商品内容

要旨

究極の牛丼から、サンマの焼き方まで全28品、大公開。なぜこの工程が必要なのか、どうしておいしくなるのかを科学的に分析、説明!

目次

最高のおにぎり
最高の焼きそば
アメリカ産牛肉のステーキ
すき焼きスタイルの肉じゃが
ニュースタイル・ナポリタン
最高のハンバーグ新バージョン
王道カルボナーラ
メンチカツ
家 麻婆豆腐
煮豚
新しい定番トマトソース
チキンカレー2種類
ベストロールキャベツ
完璧な煮卵の作り方
究極の牛丼
煮魚2種類
マカロニ チキン グラタン
究極の肉餃子
サンマの焼き方研究

出版社・メーカーコメント

理由がはっきりしているからおいしくできる! きちんとおいしいのに簡単。  noteで、フォロワー4万人を超える人気料理家の、「最高の」料理の作り方。スーパーで手に入る食材を使い、家庭のキッチンで合理性を追求し、最短距離でおいしさにたどりつく。これが著者ならではの科学的なアプローチ。おにぎりは塩分も徹底検証しています。紹介している料理は、おにぎり、焼きそば、ステーキ、肉じゃが、ナポリタン、ハンバーグ、カルボナーラ、メンチカツ、麻婆豆腐、煮豚、トマトソース、チキンカレー2種(名店風、本格)、ロールキャベツ、煮卵、牛丼、煮魚2種(サワラ、サバ)、マカロニチキングラタン、肉餃子。そしてサンマの焼き方。間には、ちょっとした一品料理も紹介。これ一冊で完璧に、家庭料理がおいしく作れます。

著者紹介

樋口 直哉 (ヒグチ ナオヤ)  
作家・料理家。1981年東京都生まれ。服部栄養専門学校卒業。2005年『さよならアメリカ』(講談社)で第48回群像新人文学賞を受賞しデビュー。同作で芥川賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)