• 本

ペットの気持ちがわかるスピリチュアル・コミュニケーション

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-12-005293-4
4-12-005293-1
税込価格 1,320円
頁数・縦 125P 16cm

商品内容

目次

1章 ペットたちのスピリチュアリティ(ペットはいつか「人霊」になるための修行中
動物を飼うのは「たましいのボランティア」 ほか)
2章 コミュニケーションをとるために(ペットにテレパシーを送って想いを伝える
出会いはじめのコミュニケーション ほか)
3章 ペットとの暮らし―しつけ、性、食、才能(しつけに必要なのは「信頼関係」を築く努力
去勢や避妊について最善の道を考える ほか)
4章 やがて来るペットの別れについて(浄化の足を引っ張らないために
正しい知識でペットの健康を守る(対談・天野芳二))

おすすめコメント

スピリチュアリズムの視点からペットを読み解いた前作『ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー』の基本部分を踏襲しながら、ペットや飼い主の高齢化問題、ペットロス、ペットの最新医療、延命や安楽死問題、保護猫・保護犬などの現状を踏まえて構成。読者から寄せられた一番大きな関心事「自分のペットは今どういう気持ちなのか?」に焦点を当て「ペットとコミュニケーションをとるために必要なこと」を著者が語り下ろす。江原啓之ファンをはじめ、ペットを飼っている方、ペットを亡くした方、これからペットを飼う方、ペット問題で悩む多くの人に届ける1冊。ペットとのコミュニケーションを助ける付録「コミュニケーション・カード」つき

著者紹介

江原 啓之 (エハラ ヒロユキ)  
スピリチュアリスト、オペラ歌手。1964年東京都生まれ。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会代表理事。吉備国際大学、九州保健福祉大学客員教授。1989年にスピリチュアリズム研究所を設立。出版、講演活動などで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)