• 本

国際法

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-13-032391-8
4-13-032391-1
税込価格 4,840円
頁数・縦 831P 22cm

商品内容

要旨

長年の講義の集大成として書き下ろされた、待望の概説書。国際法の構造を分かりやすく整理し、全体像を明快に提示。国家実行や事例・判例を詳述し、現実の姿を動態的に描く。単独著として体系性と一貫性を兼ね備え、深い理解に導く。更なる探究を促す論点や文献も充実、上級・実務にも有用。

目次

第1部 国際法の構造(国際法の特徴
国際法の法源
条約法)
第2部 国際法の実質(国家
管轄権免除
領域
海洋法
国際環境法
個人
国際人権法
国際刑事法
国際経済法
国際組織法)
第3部 国際法の機能(国際法と国内法の関係
国家責任法
国際紛争処理
武力行使禁止と安全保障
武力紛争法と軍縮国際法)

著者紹介

岩沢 雄司 (イワサワ ユウジ)  
1954年東京都生まれ。1977年東京大学法学部卒。1977年東京大学法学部助手。1978年ハーバード大学ロースクールLL.M.(法学修士)。1982年大阪市立大学法学部助教授。1996年東京大学教養学部助教授。1997年バージニア大学ロースクールS.J.D.(法学博士)。1997年東京大学教養学部教授。2004年アジア開発銀行行政裁判所裁判官(2013年まで。2010‐13年副所長)。2005年東京大学法学部教授。2007年自由権規約委員会委員(2018年まで。2009‐11年及び17‐18年委員長)。2018年国際司法裁判所裁判官。2018年大阪市立大学名誉博士。現在、国際司法裁判所裁判官。東京大学名誉教授、万国国際法学会準会員、国際法協会副理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)