• 本

普通の人々の戦い AIが奪う労働・人道資本主義・ユニバーサルベーシックインカムの未来へ

出版社名 那須里山舎
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-909515-03-2
4-909515-03-8
税込価格 3,520円
頁数・縦 445P 19cm

商品内容

要旨

国民一人当たり11万円を配るベーシックインカムで政治と社会を変える起業家、社会活動家、政治家として社会の困難を解決するアンドリュー・ヤンの新政治宣言。

目次

はじめに 大いなる解職
第1部 仕事のゆくえ(私の遍歴
ここまでの道のり
アメリカにおける「普通の人」とは
私たちの生業
工場労働者とトラックの運転手
ホワイトカラー雇用も消える
人間性と仕事
よくある反論)
第2部 私たちのゆくえ(カプセルの中の日常
欠乏の精神と豊穣の精神
地理が運命を決める
男性、女性、そして子どもたち
亡霊階級―解職の実情
テレビゲームと(男性の)人生の意味
アメリカのコンディション=社会分裂)
第3部 問題の解決方法と人道資本主義(自由配当
現実世界のユニバーサル・ベーシック・インカム
新たな通貨としての時間
人道資本主義
丈夫な国家と新しい市民権
雇用なき時代の医療
人を育てる)

著者紹介

ヤン,アンドリュー (ヤン,アンドリュー)   Yang,Andrew
1975年生まれ。台湾からの移民二世。弁護士、テクノロジー系・教育系会社のCEO、共同創設者、その他の重役を歴任した後、2018年初頭に2020年アメリカ大統領選挙への出馬を表明。自身が創設した非営利団体「ベンチャー・フォー・アメリカ(VFA)」は、アメリカ全国各地の新興都市に根ざすスタートアップ会社に最優秀の大卒者を送り込み、雇用成長に加え次世代の起業家育成にも大きく貢献した
早川 健治 (ハヤカワ ケンジ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)