• 本

建築物の新給水給湯負荷算定法と実務設計

出版社名 彰国社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-395-32149-0
4-395-32149-6
税込価格 6,600円
頁数・縦 293P 30cm

商品内容

要旨

MSWCプログラムでできること:(1)時系列的なつながりをもち、建物の実運用に応じた給水・給湯量の予測ができる。(2)設置器具の特性に応じた給水・給湯量が算定できる。(3)時間あたり使用水量・湯量データを基に、対象建物の一連の給水・給湯負荷を予測することができる。(4)建物全体をひとつのユニットとして扱い、計画区域全体の給水・給湯量が算定できる。人びとの水・湯の使用行為を長年にわたり調査し、その成果をもとに新たに開発したMSWCプログラムが完成。省エネルギー化が求められる現在、最適な計画設計へ!

目次

基礎篇 水の使用と給水給湯負荷算定の基礎知識(水の特性と水使用の要因
衛生器具の使われ方と適正器具数 ほか)
実践篇 各建物用途の算定モデルと算定例(集合住宅
事務所ビル ほか)
応用篇 算定モデル設定の応用と給水給湯システムの設計(BEMSデータを活用した動的給水負荷算定法の検証
時間データを活用したユニットモデルと精度検証 ほか)
操作篇(MSWCプログラムにおける負荷算定モデルの設定と操作手順
負荷算定結果に基づく給水システムの設計事例)
資料