• 本

メンタルヘルスの理解のために こころの健康への多面的アプローチ

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-623-08742-6
4-623-08742-5
税込価格 3,080円
頁数・縦 286P 21cm

商品内容

要旨

昨今注目が集まるメンタルヘルス(こころの健康)を、多彩なアプローチからとらえる書。―本書では、具体的事例とともに「現代のメンタルヘルス」を理解し(第1部)、日本の精神医療をめぐる知られざる歴史をひも解く(第2部)。そして最終部では、「当事者研究」「オープンダイアローグ」に至るまで、広く先進的実践を具体的に紹介し(第3部)、真の「メンタルヘルス」実現へのあり方を探る。京都大学の教養講義を中心に編まれた、どの章も新たな気づきに出会える一冊。どこから読んでも面白い、メンタルヘルスの世界へと誘う「読む 京大・教養講義」。

目次

第1部 現代のメンタルヘルス(現代人のメンタルヘルス―代表的な精神障害とその対策
大学生のメンタルヘルス―大学の診療所から
メンタルヘルスを支えるしくみ―精神保健福祉と制度精神療法)
第2部 日本のメンタルヘルスのこれまで(日本の精神医療の歴史―精神障害者の処遇に着目して
洛北岩倉と精神医療―地域で患者を介護していくための手がかりを求めて
日本の文化と心の病い―柳田國男の視点より
精神の病いとその治癒の場をめぐる逆説―アジール/アサイラム論の観点から)
第3部 メンタルヘルスをめぐるこれから(当事者研究の歴史―障害者運動と依存症自助グループの出会い
ミーティング文化の導入―制度精神療法、オープンダイアローグ、自助グループ
認知症の現在―認知症の「社会」化から見えてくるもの
スピリチュアルペイント現象学的アプローチ―実存的苦悩を体験から捉えるために)

著者紹介

松本 卓也 (マツモト タクヤ)  
1983年生まれ。自治医科大学大学院医学研究科修了。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科准教授
武本 一美 (タケモト カズミ)  
現在、京都大学非常勤講師、元京都大学健康科学センター准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)