• 本

札沼線の愛と死新十津川町を行く

実業之日本社文庫 に1−22

出版社名 実業之日本社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-408-55587-4
4-408-55587-8
税込価格 748円
頁数・縦 287P 16cm

商品内容

要旨

十津川警部が住む東京・三鷹で銃殺事件が。現場の雪の上には、被害者の男が自分の血で書いたらしい十字のマークが残されていた。その後捜査本部に「殺された男は十津川警部に招待状を届けようとした」という謎の電話が。被害者は北海道新十津川町の人物と推理した十津川は現地へ飛ぶ。そこでは地元路線の廃線が取りざたされ、魔法使いの噂が…。

おすすめコメント

鉄道路線廃止の危機に揺れる北海道の小さな町に現われたのは、なぜか魔法使いだった? 血文字の殺人の謎に十津川警部が挑む!

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京都生まれ。公務員生活ののち、数々の職業を経ながら創作活動を続け、63年『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞、65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2001年湯河原町に「西村京太郎記念館」をオープン。全著作や作家としての記録を展示。04年日本ミステリー文学大賞を、10年長谷川伸賞、19年に吉川英治文庫賞を受賞した国民的作家。17年には著作が600冊に到達した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)