• 本

忘れたふり

幻冬舎文庫 よ−2−31 どくだみちゃんとふしばな 2

出版社名 幻冬舎
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-344-42980-2
4-344-42980-X
税込価格 693円
頁数・縦 267P 16cm

商品内容

要旨

「子どもは未来だから」―街を小さい子と一緒に歩いていると、必ず声をかけてくれる台湾の人々。スペインの安い居酒屋で出てきた、生ハムとカヴァに感じる店員の矜持。バリ島で見た怖い夢に現れた、聖獣バロンについて。世界の不思議と豊かさを味わえて、目の前にある物や人がいっそう大切に感じられるようになる、哲学的エッセイ。

目次

よしなしごと(オタクばんざい&生きていくのに必要な何か
街にあふれる小さな奇跡
わりとスキャンダラスな発言の多い回(年末だから) ほか)
出会うこと気づくこと(ふたりはH
地中海の感傷(ガウディの影)
いちょう並木のセレナーデ(お医者さんって何?) ほか)
秘訣いろいろ(懐かしい前世(今世内の)とダイエット
「今」しか動くときはない
世界はあなたを待っている ほか)

著者紹介

吉本 ばなな (ヨシモト バナナ)  
1964年東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、95年『アムリタ』で紫式部文学賞、2000年『不倫と南米』でドゥマゴ文学賞を受賞。著作は三十カ国以上で翻訳出版されており、海外での受賞も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)