• 本

韓国ナショナリズムの起源

河出文庫 ハ13−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-309-46716-0
4-309-46716-4
税込価格 1,078円
頁数・縦 345P 15cm

商品内容

要旨

「日本」を通してナショナリズムが本格的に台頭し始めた一九九〇年代の韓国を冷静に鋭く分析した作品。反日や嫌韓の論議が騒がしい近年、ベストセラー『帝国の慰安婦』の著者が、二〇年前に韓国で刊行した原本に「今」を問いなおす日本語版序文を新たに入れて文庫化。日韓問題を、「他者との出会い方」という視点から考え直す画期的な一冊。

目次

第1章 うたうナショナリズム(「鉄杭」事件を考える
破壊と喪失の間―旧朝鮮総督府庁舎の取り壊し ほか)
第2章 侵略する日本と利己的な日本人(「日本文化は卑しい」
「日本の謝罪」をめぐって ほか)
第3章 表象としての日本人(日本人と創造性
日本は「刀の国」か ほか)
第4章 ナショナリズムとは何か(拡張主義のナショナリズム
文学とナショナリズム ほか)

おすすめコメント

韓国の歴史認識がいかにナショナリズムに傾いたかを1990年代以降の状況を追いながら、嫌韓でもなく反日でもなく一方的な親日でもない立場で冷静に論理的に分析する名著。解説=高橋源一郎。

著者紹介

朴 裕河 (パク ユハ)  
ソウル生まれ。世宗大学国際学部教授。慶応大学文学部卒業後、早稲田大学大学院で日本近代文学を専攻。文学研究者としての仕事の傍ら日韓の間で起こっているさまざまな問題について考えている
安 宇植 (アン ウシク)  
1931‐2015年。東京生まれ。桜美林大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)