• 本

池上彰が聞いてわかった生命のしくみ 東工大で生命科学を学ぶ

朝日文庫 い84−3

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-02-262010-1
4-02-262010-2
税込価格 814円
頁数・縦 344P 15cm

商品内容

要旨

「生命って、実によくできているなあ!」と池上さんも感嘆した、生命の驚くべきしくみとは。生物の基礎から、ノーベル賞受賞の「オートファジー」のしくみ、遺伝子からゲノムまで、生命科学のすべてがこの一冊でまるわかり!池上さんが質問し、最先端の研究をしている東工大の教授が解説。ノーベル賞受賞、大隅良典氏との対談を収録!

目次

第1章 「生きているって、どういうことですか」
第2章 「細胞の中では何が起きているのですか」
第3章 「死ぬって、どういうことですか」
第4章 「地球が多様な生命であふれているのはなぜですか」
第5章 「ゲノム編集は私たちの未来を変えますか」
特別対談「どうして今、生命科学を学ぶのですか」
おわりに 世の中に無駄なものはない

おすすめコメント

老化から遺伝子まで、生命科学のすべてが丸わかり。池上さんが、最先端の研究をしている東工大の教授から聞き出すことで、かつてなくわかりやすい「生物の教科書」が誕生。ノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典氏との貴重な特別対談を収録!

著者紹介

池上 彰 (イケガミ アキラ)  
1950年、長野県生まれ。ジャーナリスト。東京工業大学特命教授。慶應義塾大学卒業後、NHKで記者やキャスターを歴任、94年より11年間「週刊こどもニュース」でお父さん役を務める。2005年からフリーランスとして多方面で活躍
岩〓 博史 (イワサキ ヒロシ)  
1961年、鳥取県生まれ。東京工業大学教授。所属は科学技術創成研究院細胞制御工学研究センター。大阪大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。文部省在外特別研究員としてイエール大学留学。横浜市立大学教授、東京工業大学大学院生命理工学研究科分子生命科学専攻教授などを経て、現職。文部科学大臣科学技術賞、日本遺伝学会木原賞などを受賞
田口 英樹 (タグチ ヒデキ)  
1967年、兵庫県生まれ。東京工業大学教授。所属は科学技術創成研究院細胞制御工学研究センター。東京工業大学大学院総合理工学研究科生命化学専攻博士課程修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員、東京工業大学助手、東京大学大学院准教授などを経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)