• 本

宗教の現在地 資本主義、暴力、生命、国家

角川新書 K−312

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-04-082345-4
4-04-082345-1
税込価格 990円
頁数・縦 270P 18cm

出版社・メーカーコメント

動乱の源に宗教あり。最強コンビが世界の肝となる宗教を全方位から分析する動乱の源に宗教あり。最強コンビが世界の肝となる宗教を全方位から分析する!いま、そこに危機はある。本当に怖いものは習俗の皮を被ってやってくるのだ。各国で起きるテロや、EUやアメリカで生じる排外主義・外国人嫌悪(ゼノフォビア)、めまぐるしく変転する中東情勢など。世界各地で民族・宗教といった、冷戦後には“古い”とされた問題が噴出し続けている。私たちの現実社会に影響を与えている「宗教思想」といかに向き合うかは、避けては通れない時代になったのだ。習俗の皮を被ってやってくるものにこそ、目を凝らさなくてはいけない。原理主義が現代日本で広まることは十二分に考えられる情勢だ。世界に大きな影響を与え続ける宗教を、資本主義、暴力、生命、国家から語りつくす!私たちがいま、どこにいるかを知るのが教養である。宗教の現在地を抑え、いまどこに私たちは立っているかをつかむ濃厚対談!※本書は『宗教と資本主義・国家』『宗教と暴力』『宗教と生命』(いずれもKADOKAWA)各巻の「第一部」に、新章と書きおろし原稿を加え、再構成したものです。