• 本

韓国現代史の深層 「反日種族主義」という虚構を衝く

出版社名 梨の木舎
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-8166-2002-7
4-8166-2002-8
税込価格 3,080円
頁数・縦 341,7P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

過去70余年、誰が権力を握り、誰が民衆を抑圧してきたか?韓国の支配エリートを構成する親日派の歴史的起源を掘り起こし、『反日種族主義』の虚構を明らかにする実証的韓国史。

目次

1章 民衆は国を失い、国は主人を失って―植民地と分断(独立と開化のジレンマ―安重根/尹致昊/日露戦争
朝鮮の近代化と解放の二つの道―共産主義/キリスト教
再び8・15の性格を問う―光復節/建国節/分断/信託統治
大韓民国 保守の期限―米軍政/韓民党/親日警察
なぜ国家保安法は憲法の上に君臨してきたのか?―政府樹立/左翼粛正/国家保安法)
2章 「自由世界」の最前線―国家宗教になった反共・親米(朝鮮戦争が残したもの―制限戦争/爆撃/反共国家
大韓民国は越南者たちが作った―信川虐殺/反共主義/宣教奇跡
反共が国是になった理由―自由党/不正選挙/金昌龍
韓米関係は外交関係か?―血盟/駐韓米軍/戦時作戦権/
なぜ日本は謝罪しないのか?―歴史問題/請求権/日韓協定)
3章 「闘いながら働いて、働きながら働え」―近代化の影(復活する植民統治 朴正煕の維新とその後―満州人脈/維新憲法/公安統治
教育天国と教育地獄―家族/学歴看板/教育爆発
なぜ大韓民国は「財閥共和国」になったのか?―対北競争/財閥形成/労働弾圧
偉大なる民主化運動はなぜ半分だけ成功したのか?―民主化運動/グローバル化/新自由主義)
日本語版への補論 日本における『反日種族主義』旋風を批判する
解説 「反日種族主義」という虚構を越えて―過去への懴悔と新時代への決意があるというなら、誰もが読まねばならない

著者紹介

金 東椿 (キム ドンチュン)  
1959年、慶尚北道生まれ。社会学者。ソウル大学大学院で社会学博士学位を取得。『経済と社会』編集委員長、参与連帯政策委員長、真実和解のための過去事整理委員会常任委員などを歴任。現在聖公会大学社会学部教授
佐相 洋子 (サソウ ヨウコ)  
東京都出身。慶応義塾大学文学部史学科卒業。横浜市立学校に教諭として勤務。退職後、韓国の梨花女子大学言語教育院に留学し、韓国語を学ぶ。恵泉女学園大学大学院平和学研究科修士課程修了
李 泳采 (イ ヨンチェ)  
1971年韓国生まれ。1998年来日。東京大学大学院法学研究科研究生、慶応義塾大学大学院修了。専門は日韓・日朝関係。現在恵泉女学園大学大学院教授。韓国の現代史を語る市民講座の講師、日韓市民交流のコーディネーターとしても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)