• 本

地域も自分もガチで変える!逆転人生の糸島ブランド戦略 税金ドロボーと言われた町役場職員が、日本一のMBA公務員になれたわけ

出版社名 実務教育出版
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-7889-1190-1
4-7889-1190-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 270P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

観光地、移住先として近年、俄然人気が高まっている福岡県糸島市。風光明媚で、野菜や魚介類などの食材に恵まれ、福岡市の都市部からほど近い利便性が魅力だ。その糸島市の人気を一過性のものにせず、確固たる「地域ブランド」を育てるべく奮闘し、数々の賞を受賞した若き“スーパー公務員”がいる。本書では、公務員の仕事をしながらビジネススクールに通い、取得したMBAの理論と手法を応用して「糸島ブランド」の維持・向上に貢献した著者が、その戦略と実行のプロセスを明かしている。著者が勤務する福岡県糸島市は、順調に観光客と移住者を増やしていたが、データ分析と現場のヒアリングを通して著者は、ブランドを維持するには、地域に「稼げる産業」を育てなければならないことに気づく。そこで始めたのが「糸島マーケティングモデル事業」である。著者は、福岡県糸島市企画部経営戦略課の現役公務員。「内閣府地方創生☆政策アイデアコンテスト」で2016年に地方創生大臣賞を、翌年、帝国データバンク賞を受賞するなど数々のアワードに輝いている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2020年6月3日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人口減少時代に観光客・住民が増え続ける福岡県糸島市。その理由は、お役所仕事を超えた「マーケティング」と「公民連携」にあった!内閣府地方創生☆政策アイデアコンテスト地方創生大臣賞受賞、内閣府地方創生☆政策アイデアコンテスト・帝国データバンク賞、HOLG地方公務員アワード賞/QANアワード最優秀賞。

目次

第1章 観光と移住でまちが変わった糸島―観光客が急上昇・移住者も増加中
第2章 糸島の地方創生の謎に迫った―何が糸島市のブランドを牽引しているのか?
第3章 地方創生大臣賞「糸島マーケティングモデル」が始まった―糸島産「ふともずく」が全国区へ
第4章 糸島ファームtoテーブルは戦略立案だった―「食」は稼ぐ地域戦略!
第5章 地方創生の鍵は民間モデルをつくること―公民連携モデルのつくり方
第6章 苦しいときに粘ると仲間ができた新駅の話―ゼロ円で駅をつくる!?
第7章 ダメ公務員の僕は、日本一のMBA公務員になった―市職員が日本一の地方創生大臣賞に
第8章 公務員としてのモチベーションを上げる―お役所リミッターを外す

おすすめコメント

学習塾「COMPASS」を設立した著者がおくる、未来の子供たちに本当に必要な教育システムとは何か?徹底解説!

著者紹介

岡 祐輔 (オカ ユウスケ)  
福岡県糸島市企画部経営戦略課の現役公務員。仕事をしながら放送大学を卒業後、九州大学大学院でMBAを取得。そこで学んだ知識・技術と現場主義を活かしてさまざまな糸島ブランドづくりをやり遂げる。その実績によってさまざまなアワードを受賞した今最も注目されている地方公務員。現在は九州大学大学院博士課程に在学し、さらに糸島市をパワーアップさせる計画も進行中。受賞歴、2015年QBSビジネスプランコンテスト準優勝。2016年内閣府地方創生☆政策アイデアコンテスト・地方創生大臣賞。2017年内閣府地方創生☆政策アイデアコンテスト・帝国データバンク賞。2018年HOLG地方公務員アワード賞、QANアワード最優秀賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)