• 本

仙文閣の稀書目録

角川文庫 み43−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-04-109404-4
4-04-109404-6
税込価格 660円
頁数・縦 235P 15cm

商品内容

要旨

巨大書庫・仙文閣。そこに干渉した王朝は程なく滅びるという伝説の場所。帝国・春の少女、文杏は、1冊の本をそこに届けるべく必死だった。危険思想の持主として粛清された恩師が遺した、唯一の書物。けれど仙文閣の典書(司書)だという黒髪碧眼の青年・徐麗考に、蔵書になったとしても、本が永遠に残るわけではないと言われ、心配のあまり仙文閣に住み込むことに…。命がけで本を護る少女と天才司書青年の新感覚中華ファンタジー!

おすすめコメント

本を愛し本を守るものたちの、新感覚中華ファンタジー!巨大図書館、仙文閣。その蔵書に干渉した王朝は滅びるという。少女、文杏は、恩師が遺した一冊の書を仙文閣に届けるため、森を駆けていた。そんな彼女の前に、仙文閣の典書(司書)だという徐麗考が現れ……

著者紹介

三川 みり (ミカワ ミリ)  
第7回角川ビーンズ小説大賞“審査員特別賞”を受賞し、『シュガーアップル・フェアリーテイル銀砂糖師と黒の妖精』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)