• 本

耀龍四間飛車 美濃囲いから王様を一路ずらしてみたらビックリするほど勝てる陣形ができた

マイナビ将棋BOOKS

出版社名 マイナビ出版
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-8399-7334-6
4-8399-7334-2
税込価格 1,694円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

四間飛車の本を読むと囲いは大抵美濃囲いで、なぜだろうと疑問に思っていた。プロ棋士になった今、一つの答えを出す。

目次

耀龍 エピソード
序章 耀龍四間飛車とは
第1章 後手耀龍四間飛車対穴熊
第2章 後手耀龍四間飛車対左美濃
第3章 後手耀龍四間飛車対急戦
第4章 先手耀龍四間飛車
第5章 耀龍四間飛車実戦編

おすすめコメント

本書は常に独創的な将棋を模索し続ける、大橋貴洸六段が編み出した画期的新戦法「耀龍四間飛車」についての戦術書です。「耀龍」とは、駒が躍動するという意味の大橋六段がつくった造語。「耀龍四間飛車」ではその名の通り、四間飛車の駒たちがこれまで見たこともない動きで暴れまわります。目の慣れない居飛車党は何もわからないまま投了図を迎えることになるでしょう。四間飛車で居飛車対策に悩んでいる方、新しいレパートリーを身につけたい方、ぜひ本書で大橋六段の描く「自由な将棋」を堪能して、勝率アップに役立ててください。

著者紹介

大橋 貴洸 (オオハシ タカヒロ)  
1992年9月22日生まれ。和歌山県新宮市出身。2006年6級で所司和晴七段門下。2019年10月六段。三段時の2015年、第46回新人王戦準優勝。2018年8月、第3回YAMADAチャレンジ杯で棋戦初優勝。同年10月、第8期加古川青流戦でも続けて優勝。若手三大棋戦の内、二棋戦を制した。2019年第32期竜王戦で4組昇級、六段昇段を果たした。また、2019年度の新人賞も受賞した。プロデビューから高勝率を上げ、タイトル挑戦が期待される若手棋士。序盤から工夫を凝らす居飛車党。対局時には明るい色のスーツを好んで着用する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)