• 本

紫外線の社会史 見えざる光が照らす日本

岩波新書 新赤版 1835

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-00-431835-4
4-00-431835-1
税込価格 880円
頁数・縦 169,12P 18cm

商品内容

要旨

人類は見えざるモノに期待し、また恐怖と不安を覚えてきた。誰もが浴びる紫外線は人間の生活を豊かにもまた損ないもする。紫外線への着目は、近代以降の日本の社会観、健康観、美容観、環境観の変遷を覗き見る上で有効であり、ジェンダーや人種に関する言説までをも浮き彫りにする。紫外線を主人公にした異色の科学史。

目次

序章 見えないモノの歴史
第1章 紫外線ブームの時代へ(未知の光線に対する期待と不安
ビタミンDに至る二つの道 ほか)
第2章 「人工太陽」のテクノロジー(紫外線ランプの誕生
紫外線の産業応用 ほか)
第3章 紫外線が映し出す世相(“太陽に近い”生活
紫外線とジェンダー・階級・人種 ほか)
第4章 戦後における紫外線(求められ続ける光線
健康・環境への見えざる敵 ほか)
終章 紫外線と人間・技術・文明

おすすめコメント

人類は見えざるモノに期待をかけ、また恐怖と不安を覚えてきた。誰もが浴びる紫外線は人間の生活を豊かにもまた損ないもする。紫外線への着目は、近代以降の日本の社会観、健康観、美容観、環境観の変遷を覗き見る上で有効であり、ジェンダーや人種に関する言説までをも浮き彫りにする。見えざるモノを主人公にした異色の科学史。

著者紹介

金 凡性 (キム ボムソン)  
1972年、韓国浦項市生まれ。2005年、東京大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。北陸先端科学技術大学院大学研究員、日本学術振興会外国人特別研究員(神戸大学)、東京大学特任助教、広島工業大学准教授を経て、広島工業大学環境学部教授。専攻‐科学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)