• 本

リスクの正体 不安の時代を生き抜くために

岩波新書 新赤版 1836

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-00-431836-1
4-00-431836-X
税込価格 968円
頁数・縦 263,3P 18cm

商品内容

要旨

新型コロナウイルスの脅威、相次ぐ豪雨災害、首都直下型地震の恐怖…。リスク社会化した現代日本において、私たちの日常生活はさまざまな「リスク」「不安」「恐怖」に囲まれている。これらの「不安」とどう向きあっていけばよいのか。科学史・科学論の知見を縦横無尽に駆使しながら、斬新な切り口で考察する。

目次

1 感染症のリスク(広がる“COVID‐19”―難局をどう乗り切るか
MERS感染拡大―文明が生んだ不意の一撃 ほか)
2 自然災害と地球環境のリスク(御嶽山の突然の噴火
「宙づりの日々」 ほか)
3 新技術とネットワーク社会(ドローンの功罪
「シェール革命」と中東の緊張 ほか)
4 市民生活の「安全安心」(食のリスクとメディア
ジャーナリズムと行政 ほか)
5 時代の節目を読む(ノーベル賞ラッシュ
過剰なバッシングのメカニズム ほか)

おすすめコメント

新型コロナウイルスの脅威、相次ぐ豪雨災害、首都直下地震の恐怖……。リスク社会化した現代日本において、私たちの日常生活はさまざまな「リスク」「不安」「恐怖」に囲まれている。これらの「不安」とどう向きあっていけばよいのか。科学史・科学論の知見を縦横無尽に駆使しながら、斬新な切り口で考察する。

著者紹介

神里 達博 (カミサト タツヒロ)  
1967年生まれ。東京大学工学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得満期退学。三菱化学生命科学研究所、東京大学・大阪大学特任准教授などを経て、千葉大学国際教養学部教授、同大学院総合国際学位プログラム長。朝日新聞客員論説委員。専攻は科学史、科学技術社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)