• 本

人生がそんなにも美しいのなら 荻原浩漫画作品集

出版社名 集英社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-08-771707-5
4-08-771707-0
税込価格 1,320円
頁数・縦 152P 20cm

商品内容

要旨

直木賞作家が漫画家デビュー!小説家が「漫画でしか描けない」と考えた、センチメンタルで不可思議な絵物語。人生のほろ苦くも愛おしい一瞬を切り取った物語から、日常の半歩先に広がるブラックで奇妙な世界まで、全8編収録。

目次

大河の彼方より
祭りのあとの満月の夜の
人生がそんなにも美しいのなら
猫ちぐら
あの日の桜の木の下で
ある夏の地球最後の日

とうもろこし畑の伝言

おすすめコメント

直木賞作家が60代にして漫画家デビュー!荻原浩にしか描けない、センチメンタルで不可思議な絵物語。アマゾン川流域に流れ着いた瓶の中には、日本語で綴られた遥か遠い地からの手紙が入っていた……「大河の彼方より」93歳。病室で最期の時を迎えようとしている幸子のもとに、次々と懐かしい人々が訪れて……「人生がそんなにも美しいのなら」4月1日の午後1時にあの桜の木の下で会おう。幼なじみの二人が交わした約束の行方は……「あの日の桜の木の下で」人生のほろ苦くも愛おしい一瞬から、日常の半歩先に広がるブラックで奇妙な世界まで、全8編収録。

著者紹介

荻原 浩 (オギワラ ヒロシ)  
1956年埼玉県生まれ。コピーライターを経て、1997年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞、2014年『二千七百の夏と冬』で山田風太郎賞、2016年『海の見える理髪店』で直木三十五賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)