• 本

哲学とは何か

NHKブックス 1262

出版社名 NHK出版
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-14-091262-1
4-14-091262-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 288P 19cm

商品内容

要旨

いま、「哲学本来の仕事」を知る人はどれだけいるのか。平易な語り口の哲学書で幅広い読者を獲得してきた著者が、三十年にわたる研究の成果を注ぎ込んで書き下ろす本書は、哲学の功績を「自然科学」と「近代社会」の発明にあるとし、難問であった「存在の謎」「認識の謎」「言語の謎」を解いて現代の哲学の使命を「社会の本質学」として定式化する。古代ギリシャのソフィスト以来二千五百年にわたる哲学史を「普遍認識の可能性」をめぐる闘争史として一挙に捉えなおす、この上なく正統、かつ類例のない記念碑的な哲学入門!

目次

序 哲学の方法と功績
第1章 哲学の謎と普遍認識
第2章 近代哲学の苦闘と「認識の謎」の解明
第3章 現象学批判と『イデーン』解読
第4章 「言語の謎」と「存在の謎」の解明
第5章 本質観取とは何か
第6章 現代哲学と社会理論の隘路
第7章 「社会の本質学」への展望

おすすめコメント

哲学本来の力と功績は何だったのか──この視点から哲学史を一挙に捉えなおす、竹田哲学の決定版! ニーチェとフッサールを「認識論」の基盤として示し、ユーモラスな図版を交え“偽問題”としての「哲学の3つの謎」を鮮やかに解き、哲学本来の使命として「社会の本質学」を実践する!

著者紹介

竹田 青嗣 (タケダ セイジ)  
1947年大阪府生まれ。哲学者。早稲田大学名誉教授、大学院大学至善館教授。早稲田大学政治経済学部卒業。明治学院大学国際学部教授、早稲田大学国際教養学部教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)