• 本

寺田寅彦と現代 等身大の科学をもとめて

新装版

出版社名 みすず書房
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-622-08922-3
4-622-08922-X
税込価格 3,850円
頁数・縦 265P 20cm
シリーズ名 寺田寅彦と現代

商品内容

要旨

寺田寅彦は「二つの文化」、自然科学と文学という二つの領域において輝かしい業績を遺した。科学にあっては、ゆらぎやアポトーシスなど、複雑系の科学への流れを想定し、映画や連句においてはモンタージュ論によって芸術理論の革新を計った。本書は、科学における多くの先見の明、戦争や地震災害にたいする対応などから、多面的な人間=寅彦の全体像を初めて明らかにし、その遺産を近・現代科学史に位置づけた刺戟的な労作である。

目次

第1章 「二十世紀の豫言」と現代
第2章 寺田寅彦が提唱した新しい科学
第3章 技術と戦争を巡って
第4章 科学・科学者・科学教育
第5章 自然災害の科学
第6章 科学と芸術
第7章 寅彦と宇吉郎、そして現代

著者紹介

池内 了 (イケウチ サトル)  
1944年兵庫県生まれ。総合研究大学院大学名誉教授。名古屋大学名誉教授。宇宙物理学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)