• 本

貨幣発行自由化論 競争通貨の理論と実行に関する分析

改訂版

NIKKEI BP CLASSICS

出版社名 日経BP
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-8222-8884-6
4-8222-8884-6
税込価格 2,640円
頁数・縦 341P 20cm
シリーズ名 貨幣発行自由化論

商品内容

要旨

ビットコイン、リブラ、中銀デジタル通貨など“暗号通貨”の時代に蘇る天才ハイエクの「理想の通貨」論。

目次

具体的な提案
基礎的な原理の説明
貨幣発行における政府独占の起源
政府特権の濫用の歴史
法貨の神秘性
グレシャムの法則をめぐる混乱
並行通貨と貿易決済通貨
民間通貨の発行
発券銀行間の競争
閑話休題―貨幣の定義について
競争通貨の価値はコントロールできるか
どんな通貨が選ばれるのか
貨幣のどの価値が重要か
貨幣数量説が無用であることについて
通貨供給の望ましいあり方
フリーバンキング
全面的インフレ、デフレはもはや生じないか
金融政策はもはや不要かつ存続不能である
固定相場制より望ましい規律
国ごとに通貨圏を形成すべきか?
政府財政と支出への影響
移行期に検討すべきこと
国家からの保護
長期的展望
結論

おすすめコメント

Facebookの通貨「libra」やビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の理論的根拠となったノーベル経済学者の古典の新訳です。

著者紹介

ハイエク,フリードリヒ (ハイエク,フリードリヒ)   Hayek,Friedrich
1899〜1992。オーストリア・ハンガリー帝国の首都ウィーン生まれの経済学者、哲学者。ウィーン大学で法学と政治学の博士号を取得。ルートヴィヒ・フォン・ミーゼスらの流れを汲むオーストリア学派の一員として、ケインズ、オスカー・ランゲらと論争を展開した。1931年にロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)教授。1944年刊行の『隷従への道』は英米でベストセラーに。1950年シカゴ大学教授。1962年からフライブルク大学教授。1974年ノーベル経済学賞受賞
村井 章子 (ムライ アキコ)  
翻訳家。上智大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)