• 本

強制不妊と優生保護法 “公益”に奪われたいのち

岩波ブックレット No.1025

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-00-271025-9
4-00-271025-4
税込価格 572円
頁数・縦 59P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

相次ぐ国家賠償訴訟によって、ようやく可視化されるに至った強制不妊手術の実態。日本国憲法で謳われた“公益”が優生保護法を生み、「障害者」やハンセン病患者の人権を奪う根拠・論理となってきた歴史をたどるとともに、優生保護法が母体保護法と名称を変えた今もその構造は変わらず、問題は終わっていないことを明らかにする。

目次

はじめに―なぜ今、優生保護法が問題になっているのでしょうか
1 優生保護法に至る前史
2 優生保護法の成立
3 優生保護法改正と人権侵害の強化
4 なぜ、ハンセン病患者は優生保護法の対象とされたのでしょうか
5 なぜ、優生保護法は一九九六年まで維持されたのでしょうか
おわりに―“公益”と憲法

著者紹介

藤野 豊 (フジノ ユタカ)  
1952年横浜市生まれ。敬和学園大学教員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)