• 本

「民意」と政治的態度のつくられ方

出版社名 太田出版
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-7783-1693-8
4-7783-1693-2
税込価格 1,870円
頁数・縦 142P 21cm

商品内容

目次

序章 「民意」という研究対象
第1章 自律的な「主体化」という政治的態度―学校はいかに関わってきたか
第2章 学校の「自由」を開く―教育の「政治的中立性」確保の誤解を解いて
第3章 政治的態度の剥奪
第4章 『多数決は「民意」を反映するかという議論と学校』
第5章 沖縄「沈黙の民意」を生みだすもの
第6章 “声”の政治

著者紹介

工藤 宏司 (クドウ コウジ)  
大阪府立大学人間社会システム科学研究科准教授。専門は社会学、社会問題論・逸脱論。「民意」研究委員会委員長
桜井 智恵子 (サクライ チエコ)  
関西学院大学人間福祉学部・人間福祉研究科教授。専門は教育社会学、思想史
広瀬 義徳 (ヒロセ ヨシノリ)  
関西大学文学部教授。専門は教育学、教育行政学、教育制度学
柳沢 文昭 (ヤナギサワ フミアキ)  
盛岡大学文学部名誉教授。専門はフランス文学
水岡 俊一 (ミズオカ シュンイチ)  
参議院議員(3期)。立憲民主党所属。元中学校教員。2004年に初当選。2011年、野田内閣にて内閣総理大臣補佐官を務める
堅田 香緒里 (カタダ カオリ)  
法政大学社会学部准教授。専門は社会福祉学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)