• 本

リゾートしらかみの犯罪 長編推理小説

光文社文庫 に1−159

出版社名 光文社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-334-79031-8
4-334-79031-3
税込価格 660円
頁数・縦 250P 16cm

商品内容

要旨

十津川班の新米刑事・津村の両親が殺された。休暇中だった津村に容疑がかけられるが、彼は五能線で青森の不老ふ死温泉へ旅をしていたという。津村は高校生の頃、不老ふ死温泉で、未解決の殺人事件の目撃者となっていたのだが…。十津川は、観光列車「蜃気楼号」の時刻表に隠された空白をもとに、二つの事件の真相へと迫ってゆく―。長編鉄道ミステリー!

おすすめコメント

十津川班の新米刑事・津村の両親が殺され、容疑が彼に。十津川は津村の無実を信じ捜査を進める。津村は11年前、五能線沿線の不老不死温泉の殺人現場から消えた「謎の女」の唯一の目撃者だった。過去と現在の殺人事件の関係を疑う津村に「謎の女」から手紙が! 女の誘いで五能線「リゾートしらかみ」に乗った津村を狙う周到な罠。度重なる殺人事件の奥には、日本政界を激動させる策謀と欲望が…。