• 本

群馬百物語怪談かるた

竹書房怪談文庫 HO−430

出版社名 竹書房
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-8019-2251-8
4-8019-2251-1
税込価格 715円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

群馬県出身在住の著者が紡ぐ地元の実話怪談集。飛び降り自殺の多発するマンション。落下地点に何が…(高崎市)、血吸い岩と呼ばれる公民館の奇岩。その上に寝た者は…(前橋市)、殺人現場の路面に何度も浮かぶ赤黒い染み…(伊勢崎市)、富岡製糸場の乾燥場を撮ると写真に妙なモノが…(富岡市)、殺害現場に建つ供養の“姫地蔵”。それが笑うのを見た者は…(桐生市)、人を呼び寄せる魔の廃墟、伊香保の森に何が…(渋川市)、夜桜の下に浮かぶ生首の群れ…(沼田市)、戦闘機の亡霊が爆音をあげる…(太田市)、毎日決まった時間に昏倒する弟。原因は稲荷に…(みどり市)他、全て実話の怪奇百!

目次

小豆とぎ婆の伝説残る 高崎城址
ある寺で怪談イベント出演依頼
伊香保の夜の葛折り
伊香保にあったガラスの廃墟
梅干しにアレが生えたら気をつけろ
運気吸い取る血吸い岩
円卓と掛け軸がある料理店
大間々町の稲荷信仰
尾瀬ヶ原道なき湿地に影が行く
大泉町の夜の病院〔ほか〕

おすすめコメント

群馬の宝<上毛かるた>に出てくる場所や人物にちなんだ怪談を1話ずつ取り上げる群馬県で本当にあった怖い話、実話怪談のみを収録!

著者紹介

戸神 重明 (トガミ シゲアキ)  
単著、共著多数。地元の高崎市でイベント「高崎怪談会」を主催、その傑作選を纏めた『高崎怪談会東国百鬼譚』では初の編者も務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)