• 本

希望の薬「スピンラザ」 脊髄性筋萎縮症の新薬とその開発

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-344-92761-2
4-344-92761-3
税込価格 1,320円
頁数・縦 209P 19cm

商品内容

要旨

本邦初!医師による脊髄性筋萎縮症の一般向け解説書。手足の動かない青年とその担当医に訪れた希望。愛知医科大学病院で難病治療の第一号になった勇気ある青年・かける君の新薬投与までの軌跡を、5年にわたり見守り続けた担当医が綴る。

目次

第1章 出会いから診断まで
第2章 かけるくんの子ども時代
第3章 スピンラザ投与前
第4章 スピンラザ開発
第5章 スピンラザの投与へ
第6章 スピンラザ投与後

著者紹介

岩山 秀之 (イワヤマ ヒデユキ)  
1976年、名古屋市生まれ。愛知医科大学医学部小児科講師。2001年、名古屋大学医学部医学科卒。名古屋掖済会病院で研修後、さまざまな病院で勤務。2012年から2015年までアメリカ・シカゴ大学にて博士研究員。2015年愛知医科大学医学部小児科助教。2017年より現職。専門は小児内分泌学。日本小児科学会専門医・指導医。日本内分泌学会専門医・指導医(小児科)。最近は脊髄性筋萎縮症の仕事も増えており、日本小児神経学会専門医研修中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)